読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]池袋ロフト「Moleskine アトリエ」に行ってきました @kun_maa

 

 

こんにちは!モレスキンに囲まれて暮らしたい @kun_maa です。

f:id:kun-maa:20130813150350p:plain

 

池袋西武デパート内のロフトに2013年8月1日にオープンした「Moleskine アトリエ」に行ってきました。

自宅から電車1本で行ける池袋に「Moleskine アトリエ」ができるということで、オープン前から楽しみにしていたのです。

[ま]これはうれしい!8月1日に池袋LOFTにモレスキンアトリエがオープンするそうです @kun_maa - [ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

場所は西武デパートの12階。エスカレーターで行ったらけっこうめんどくさかったんで、エレベーターの利用をおすすめします。

僕のようにエスカレーターでとぼとぼ上っていくと、12階フロアに着いて右手前方に「Moleskine アトリエ」があります。

f:id:kun-maa:20130812140540j:plain

 

ちょっと想像していたのと違って、ロフトの文具売り場にあるひとつのコーナー程度の扱いです。

僕は有楽町ロフトの「Moleskine アトリエ」しか行ったことがなかったのですが、あちらは他の売り場とは区切られていて、スペースも広く、モレスキンに囲まれて幸せな気分になれるのですが、ここはちょっとがっかり。

有楽町ロフトの「Moleskine アトリエ」はこれ。

f:id:kun-maa:20120831122519j:plain

 

池袋ロフトの「Moleskine アトリエ」はこれ。

f:id:kun-maa:20130812134844j:plain

 

たしかに普通のロフト内のモレスキンコーナーに比べれば品数は豊富です。

カラーノートブックも含めて、現在販売中のものはひととおり揃っているようでした。

でも、スペースの関係かごちゃごちゃとモノを詰め込みすぎな感じもします。

f:id:kun-maa:20130812134928j:plain

 

 

新作のダイアリーもあります。

f:id:kun-maa:20130812135106j:plain

 

ペンなどの小物類や限定版ノートブックも実際に手に取って見ることができます。

f:id:kun-maa:20130812134855j:plain

 

モノを売るお店としては十分なのでしょう。でも、やっぱりちょっとさびしい。

周囲を全てモレスキンで囲まれてるって感覚がないんですよね。

だから、あまりワクワクもせず、物欲もほとんど刺激されませんでした。

なんとなく眺めて通り過ぎちゃう感じ。

種類は揃っているので買い物には困らないとは思いますが、有楽町店に比べちゃうとどうしてもね・・・

その場に店員さんが常駐しているわけでもないし、陳列や照明の仕方、雰囲気もやっぱりロフトの一部分って感じなんですよね。

有楽町以外の他の「Moleskine アトリエ」もこんな感じなのかな?

モレスキンだから特別扱いしろとは言いませんが、やっぱりそれなりのイメージで売っているものだからこそ、売り場の雰囲気にもこだわりが必要だと思うんですよね。

贅沢な希望でしょうか。

モレスキン 「伝説のノート」活用術?記録・発想・個性を刺激する75の使い方

モレスキン 「伝説のノート」活用術?記録・発想・個性を刺激する75の使い方

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。