[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]47歳になりました @kun_maa

今日で47歳になりました。

f:id:kun-maa:20130516203024j:plain

 

作家のカミュ中上健次、第35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディ、プロレスラーのアンドレ・ザ・ジャイアント三沢光晴・・・彼らは46歳で亡くなっているので、有名な彼らよりも1年長く生きました。

 

長く生きることだけに価値を見出だす気にはなれないけど、それでも生きてこそ。

生きているっていいよね。

 

振り返れば、昨年の誕生日にはまだうつ病で休職中でした。

1年なんてあっという間です。

それを言ったら46年間も長いようであっという間。

今日から47歳ですって言ってもさっぱり実感が湧きません。

 

「四十にして迷わず」とは論語の言葉。

人は40歳になれば道理を知って迷わないって意味ですね。たぶん。

でも僕は30代後半から40過ぎてもずっと迷いっぱなしです。

 

恋に落ち全てを捨てて失踪していた30代後半からの6年間、アル中になりかけ、ヒモのような生活をし、行き先の見えない迷路をウロウロして、迷いに迷いようやく普通の生活に戻りかけたと思ったら、うつ病で苦しんだ45歳。

 

46歳はリハビリ生活で過ぎ去り、気がつけば47歳。

のど元過ぎれば熱さ忘れるとはよく言ったもので、うつで本当に苦しんでいるときには普通の生活ができるようになりたいと願っていたのに、今は毎日仕事に行くのがイヤだとか、憂鬱だとか贅沢を言っている自分がいます。

未だ人生の行き先は見えず、計画も目標も持たずに日々生きているだけで精一杯。

 

子供の頃に思い描いていた47歳とはまったく違うけど後悔はしていません。

こうなっちゃったもんはしょうがないですからね。

あるがままです。

 

きっとこれからもずっと迷い続けるんだろうなあと思いつつ、そんな生き方も悪くないかなと感じている47歳の誕生日。

そんなことだからきっと人生で何事もなし得ず、誰も幸せにできず、いずれどこかでのたれ死にするんだろうなあと思っています。

それでもいいや、死ぬ直前に「楽しかったなあ」って思えれば本望です。

歳ばかり重ねるだけで、いつまでたっても立派な大人になれません。

 

道理をわきまえず、目の前の欲望に反応しつつ、いつまでも自分が一番大事と思い続ける。そして好きなものは好きと言う。もちろん好きな人には好きと言う。

・・・懲りてない。

それってすごく自分勝手な生き方かもしれないけど仕方ない。

自分はそうそう変われないし、なにより変わりたいと思ってないから。 

自分は自分。

イヤなところもダメなところもひっくるめてこれからもあがき続けます。

イツカドコカデノタレジヌマデ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly