[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]「死霊のはらわた」(原題:EVIL DEAD)のリメイク作品予告編がすごい @kun_maa

こんにちは!スプラッタでぐっちゃぐちゃ @kun_maa です。

f:id:kun-maa:20130422221936j:plain

スポンサーリンク

日本では1984年に公開され、その残酷な描写と死霊に取り憑かれたおぞましいモンスターの姿が評判となりホラー映画ファンで知らない人はいないというくらい有名な伝説のスプラッター映画「死霊のはらわた」(原題:EVIL DEAD)。

正確にはいわゆる「ゾンビ」じゃないんだけど、バラバラにしないと死なないからゾンビ映画に分類されることもある。

 

監督はスパイダーマン3部作で有名となったサム・ライミ

 

ストーリーは、山小屋に遊びにきた5人の男女が、偶然甦らせてしまった死霊に次々と取り憑かれて化け物になってしまい、仲間を襲うっていうお話。

こう書くととっても安上がりな作品に感じるでしょ。

実は登場人物も舞台も限定された低予算映画だったんだよね。

だから、すごい作品といってもやっぱりB級映画臭がそこはかとなく漂っている。

それでもチープな魅力のスプラッターというか、お値段以上の残酷さというか、まあさすがサム・ライミの出世作という感じ。

下品なほど残酷ですから。

 

こちらが、そのオリジナルの予告編。

この予告編は本編に比べるとそんなに怖くない。

それは残酷なシーンを取り上げていないから。


The Evil Dead (1983) - Original Theatrical ...

 

このリメイク版が5月3日から日本で公開されるんだけど、その予告編が思っていたより怖かった。

オリジナルと違って、今回はかなり予算をかけているのか、特殊メイクの技術の向上のせいかブルブルしちゃう。

閲覧注意ってことで。


EVIL DEAD - Full Redband Trailer - In Theaters ...

 

基本的にオリジナルのストーリーを忠実に踏襲しているみたいだけど、たぶん残酷&グロさは増しているような気がする。

まあ、予告編に騙されてがっかりすることは多いから実際に観てみないとなんとも言えないけど。

5月3日公開。近所でやってたら観に行こうかな。

 

サム・ライミといえば、こちらも期待している。

[ま]サム・ライミの映画「ポゼッション」(5月25日公開)がすごくおもしろそうだ @kun_maa - [ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly