[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。

[ま]この作品を観ればきっとアンバー・クォに恋をする/台北の朝、僕は恋をする @kun_maa

 

台北に住むカイ。

彼の恋人フェイが彼を残してパリに留学してしまうところから物語は始まる。

全編を通して感じられる台北の熱い雰囲気とどこかかわいらしい雰囲気。

f:id:kun-maa:20130421183931p:plain

フェイのことが好きで好きで、でもパリに行くお金なんか用意できないカイは本屋の語学コーナーで座り込んでフランス語を必死で勉強する。

次第にフェイからの連絡が途絶え、電話で突然の別れを告げられるカイ。

f:id:kun-maa:20130421184521p:plain

恋人を取り戻すためにどうしてもパリに行きたいカイと、そんな彼を気になるアンバー・クォ演じる本屋の店員スージー。

f:id:kun-maa:20130421184746p:plain

パリ行きの費用を借りるために、怪しい仕事を引き受けるカイとその仕事をめぐるトラブルに偶然巻き込まれるスージーとの一夜の小さなサスペンス。

f:id:kun-maa:20130421185052p:plain

夜の台北の街の雰囲気を存分に味わいながら、いい感じに間が抜けていて憎めないチンピラ、刑事、カイの親友を巻き込みながら物語は疾走、そして迷走していく。

そこには深刻さのかけらもない。

安心して観ていられるハートフルなサスペンス。

アンバー・クォの柔らかい微笑みと芯の強さに魅せられながら、次は何が起こるのか楽しんでいる自分がいる。

 

この作品の魅力は、アンバー・クォの表情の変化と行動にあると言っても過言ではない。

その柔らかな微笑みはもちろん、怒った表情、必死な表情、カイに対する気持ちを抑えるような複雑な表情。どれをとっても魅力的だ。

f:id:kun-maa:20130421190403p:plain

f:id:kun-maa:20130421190425p:plain

f:id:kun-maa:20130421190444p:plain

f:id:kun-maa:20130421190503p:plain

 

ストーリー展開も悪くない。抑えめだが台湾映画のドタバタ要素も加えられている。

そして誰も傷つかず、誰も死なない。

一夜のささやかなサスペンスが終わり、台北の朝を迎えるとき、観る者は温かく切ない気持ちに包まれ、そしてアンバー・クォに恋をする。


映画『台北の朝、僕は恋をする』予告編 - YouTube

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

 

follow us in feedly