[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。

[ま]風邪で3日間仕事を休んだら上司にしかられたでござる @kun_maa

 

 

こんにちは!風邪が長引いている @kun_maa です。

f:id:kun-maa:20130419180424j:plain

 

水・木・金曜日と風邪で3日間仕事を休みました。

主な症状は、咳、鼻水、下痢、身体のだるさ、頭痛、微熱です。

 

薬を飲めばある程度は症状も抑えられるので、無理すれば仕事に行けないこともなかったのですが、あえて無理はせずに休みました。

こういう時って、仕事に行っても頭がボーッとして効率が悪いし、職場の人に風邪をうつしてしまいそうだし、身体は休まらないから結果的に風邪が長引くし、いいことなんてひとつもありません。

 

ちょっと急ぎで職場内に配る資料を作成する必要はあったのですが、そのくらいなんとでもなるかなと思っていました。簡単な資料だし、外部向けじゃないし。

ところが、休みの連絡の電話をした際に、上司が話があるからと電話口に出てきて、そのちょっと急ぎの資料のことでどうするつもりなんだとしかられ、自分がやっておくからと僕のパソコンのパスワードを聞き出し、データの在りかまで教えたのですが、結局また電話がかかってきて、やっぱりやってる時間がないから、月曜日に這ってでも出てきて自分でやれと言われました。なにそれ?

 

上司との会話の中で、「熱が高いのか?」と聞かれたので、「いえ、熱はたいしたことないんですけどね。咳と鼻水が・・」と答えたら全て答え終わる前に鼻で笑われました。

高熱じゃないと仕事って休んじゃいけないんですかね?

僕は平熱が35度台なので、37度台の微熱でもけっこう辛いんですけど。

めんどくさいからそんな説明はいちいちしませんが。

 

まあ、誰からなにを言われても自分で具合が悪いと思ったら、仕事は休むからかまわないんですけど、たった3日間風邪で休んだくらいでああいう態度の人は初めてだったので、ずいぶん器の小さい上司に当たったものだと思いました。

別に僕も好きで休んでいるわけじゃないんですけどね。

健康管理ができてないって言われたらそれまでですけど。

 

風邪をひいて、具合が悪いのにマスクをしてゲホゲホしながら働いている人を見ると、なんでそんなに無理するのかなあって思います。

だって、仕事より身体の方が大事でしょ?

まだまだ職場には体調が悪くても無理して仕事をするのが偉い、もしくは当然っていう風習が根強く残っているような気がします。

そんなこと言っている僕も恥ずかしながら以前はそうだったんですけどね。

仕事を続けているうちに、だんだん変わってきました。

やっぱ、身体が大事だよなって。無理して身体壊しても自己責任でおしまいだよって。

 

今は「いやー風邪引いちゃって熱があるんだけど休めなくて」なんて誇らしげな顔でいいながら出勤してくる同僚を見ると「バカじゃないの?」って思います。

口には出しませんけど。

それが部下ならすぐ帰らせます。

 

「仕事で徹夜しちゃって」とか、「毎日終電でまいっちゃうよ」とかを自慢するのと同じように、体調が悪くても仕事に来ている自分を自慢するような風潮も早くなくなってほしいものです。

 

そんなに無理してどうするのさって感じです。

僕の考え方は社会人として甘いでしょうか?

 

幸い僕の体調は、3日間休養をとったおかげで、かなりよくなった気がします。

気がかりなのは、しつこく続く咳と口唇ヘルペスくらいですね。

この分でいけば土日でたぶん体調も回復するでしょう。

月曜日には普通に出勤して、溜まった仕事をこなしてきます。

残念なことに、当の上司は月曜日は休みということなので会えないようですが。

「バカ上司」その傾向と対策 (集英社新書 436B)

「バカ上司」その傾向と対策 (集英社新書 436B)

こんな上司が部下を追いつめる―産業医のファイルから (文春文庫)

こんな上司が部下を追いつめる―産業医のファイルから (文春文庫)

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

もしよろしければGoogleReaderへの登録もお願いします。

f:id:kun-maa:20120324190736g:plain