[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]ほぼ日手帳2013 4月始まりWEEKSを1週間使ってみて @kun_maa

 

 

こんにちは!ほぼ日手帳WEEKS、4月まで待てませんでした @kun_maa です。

f:id:kun-maa:20130304185155j:plain

 

今年の手帳は、ほぼ日手帳の4月始まりWEEKSにしました。

[ま]ほぼ日手帳2013 4月始まり版はWEEKSにしました @kun_maa - [ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

それまで使っていたのは、同じく4月始まりのほぼ日手帳オリジナル。

本来なら、こちらを3月末まで使って新しい手帳に乗り換えるところですが、もう新しい手帳を買ったその日から待ちきれなくて、待ちきれなくて・・・

 

新しいWEEKSは4月始まりとはいえ、3月第1週(2月最終週)からページがあるため、 2月末から乗り換えてしまいました(笑)

f:id:kun-maa:20130304191718p:plain

 

初めて使う「ほぼ日手帳WEEKS」について、1週間使ってみた感想を書いてみたいと思います。

 

ハードカバーの表紙が使いやすい

以前からある単色のWEEKSはソフトカバーですが、僕が使っているレジメンタルストライプは表紙が固いハードカバータイプです。

f:id:kun-maa:20130304190939j:plain

 

このハードカバーが手に持ちながら書き込むときに、とても安定して使いやすいです。

僕はモレスキンも使っているのですが、モレスキンのハードカバーを使っているのと同じような安定感があります。

まさに、いつも持ち歩いて使うWEEKSにピッタリの表紙だと思います。

 

スケジュール管理には十分なスペース

これまで使っていたほぼ日手帳のオリジナルと比較すると、もちろん書き込むスペースは少ないですが、スケジュール管理に使う分には十分なスペースだと思いました。

左半分でスケジュール管理をし、右半分のメモ書きスペースは自由に使えるので、僕にはちょうどいい感じです。

f:id:kun-maa:20130304190340p:plain

  

とても書きやすくジェルインクでも裏に染みない紙質

WEEKSもオリジナルと同じく手帳専用紙の「トモエリバー」を使用しています。

これは、オリジナルを使っているときも感じましたが、薄いのにとても書きやすいです。

ジェルインクのボールペンを使って書いていますが、裏に染みることもないし、スラスラと滑らかな書き心地はとても使いやすいです。

 

薄くて軽くて持ち歩きに便利

オリジナルを使っていたときは、けっこう厚くて重いので、平日はいつも職場に置きっぱなしにしていました。

WEEKSは240ページほどの分量があるにもかかわらず、厚さは約8ミリです。

重さも150グラム程度なので、毎日苦もなく持ち歩けます。

スケジュール管理に使う以上、いつでも記入できるようにしておきたいので、これが今のところ一番気に入っている点です。

 

以上、ほぼ日手帳WEEKSを1週間使ってみた感想を書いてみました。

大袈裟ではなく、想像していた以上に使いやすいです。

 

僕はモレスキンに日々の感情の変化や考え事など、スケジュール以外のことをなんでも書いています。

だから、ほぼ日手帳のオリジナルではちょっとヘビー過ぎて、空白ページが多くなっていました。

今は、スケジュール管理+仕事上のメモ書きとして使うのに、WEEKSがとても使いやすいと感じています。

僕のようにモレスキンとの使い分けをしていると、WEEKSを一度使ったらもうオリジナルには戻れない気がします。

それくらい快適で使いやすいです。

ほぼ日手帳 2013 WEEKS(タイ&チーフ・ペイズリー)ハードカバー

ほぼ日手帳 2013 WEEKS(タイ&チーフ・ペイズリー)ハードカバー

ほぼ日手帳 公式ガイドブック2013 ほぼ日手帳と、その世界。

ほぼ日手帳 公式ガイドブック2013 ほぼ日手帳と、その世界。

 

 

 
 
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。