[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]Kindle paperwhite で気に入った文章をシェアしてみよう(ただし無料本のみ) @kun_maa

 

 

 

こんにちは!Kindle paperwhite での読書体験がクセになりつつある @kun_maa です。

f:id:kun-maa:20121025194314j:plain

 

paperwhite で読書をしていて、気に入った部分や重要な部分があった場合、その文章を指でなぞるとこんなふうにハイライト(マーカーのようなものです)できます。

f:id:kun-maa:20121120195623p:plain

 

ハイライトすると、次のようなメッセージが出てきますので、シェアをタップします。

f:id:kun-maa:20121120202836p:plain

 

すると、次の画面が表示されるのでコメントを入れて、シェアをタップします。

試しにメッセージ欄には「テスト」と入力して、シェアをタップしてみます。

するとTwitterFacebookにハイライト部分の文章の引用とともに投稿されます(どちらもアカウント設定をしている場合)。

f:id:kun-maa:20121120202913p:plain

 

Twitterでは、こんなふうに表示されます。

 

ただし、これができるのは無料本の場合だけのようです。

有料本で同じようにシェアをしてみましょう。

無料本と同じような表示は出るのですが・・

f:id:kun-maa:20121120203615p:plain

 

シェアをタップすると次のようなメッセージが表示されてシェアできません。

f:id:kun-maa:20121120203656p:plain

 

これは何冊かの有料本で試してみましたが、どれも同じ表示が出て、文章を引用したシェアはできないようです。

おそらく著作権がらみで規制がかかっているのでしょう。

無料本も何冊か試してみましたが、こちらはすべて著作権フリーのためか、文章の引用シェアが可能でした。

ケチ臭いこと言わずに、有料本も文章の引用シェアができれば宣伝にもなると思うんですけどね。だめですか?

 

有料本と無料本のこのような違いは、ハイライトやブックマークをした記録がまとめられて、Kindle内に自動で作成される「マイクリッピング」にも現れます。

f:id:kun-maa:20121120204704p:plain

 

マイクリッピングをタップして、中を見てみると無料本でハイライトを付けた部分は、文章が引用されて保存されています。

f:id:kun-maa:20121120204826p:plain

 

ところが、有料本でハイライトを付けた部分は次のように、ハイライトを付けた日時とページは表示されますが、文章は引用されず<このアイテムのクリッピングの上限に達しました>のメッセージが保存されているだけです。

f:id:kun-maa:20121120205005p:plain

 

こちらも著作権の問題なのかと思いますが、無料本も有料本もどちらも文章の引用が可能になれば、いい読書記録になると思うのですがとても残念ですね。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございます。
もしこのブログを気に入っていただけたらGoogleReaderへの登録もよろしくお願いします。

f:id:kun-maa:20120324190736g:plain  

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...