読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]おもしろいモキュメンタリー映画「トロール・ハンター」 @kun_maa

こんにちは!気分が落ちている時には映画を夢中で観る @kun_maa です。

 
ノルウェーの森に住むと言い伝えられている伝説の妖精トロール。
ドラクエのモンスターにも出てくるし、ハリーポッターや北欧民話「三びきのやぎのがらがらどん」にも登場するのでけっこうなじみ深いモンスターですね。

f:id:kun-maa:20120915223333j:plain

 
ちなみに、あのムーミンもトロールがモデルのようです。

<あらすじ>
ノルウェー・ヴォルダ大学の学生3名が学校の課題として、地元で問題になっていた熊の密猟事件をドキュメンタリーとして追った事がきっかけとなり、偶然にも本記録映像の撮影に成功。
密猟者を追う中で出会った謎の男、ハンス。夜な夜な森の中に姿を消す彼を尾行すると、そこにはおとぎ話だと思っていたトロールそのものが現れたのである!
ノルウェー王国の政府機関であるトロール保安機関(TSS)に雇われたハンターで、テリトリーから抜け出して民家に近づくトロールを抹殺する事で、トロールの存在を民間人から隠し続ける事が任務であった。生活も保障されず、深夜・残業手当もない、孤独な現状に嫌気がさしていると同時に、今までのトロールの扱い方にも疑問をもっていたハンスは、学生たちの熱意に負けトロールの全貌を明かす証言者となる。ハンスの案内の元、学生たちが押さえたトロールの姿、生態、そしてノルウェー王国政府の陰謀とは?

 
あくまでも、ドキュメンタリー映画としてのスタイルをとり、本当にトロールの撮影に成功した衝撃映像という立場で作られているすぐれたモキュメンタリー映画です。

 
 
モキュメンタリースタイルの映画で有名なのは「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」や「クローバーフィールド」、「REC」、「パラノーマル・アクティビティ」などがあり、手法としては使い古された感があるものの、やはりよく作られているものはおもしろいですね。
 
この作品は、サンダンス映画祭など複数の映画祭で話題を巻き起こしたそうです。

f:id:kun-maa:20120915231238j:plain

 
トロールもまるで本物のような滑らかな動きで、どうせモキュメントなんだからと思って観ていても、ついつい引き込まれていきます。
 
作品には引き込まれますが、怖くはないし、残酷シーンもないので誰でも安心して観ることができます。
 
好き嫌いは分かれる作品だとは思いますが、僕はおもしろい映画だと思いました。

f:id:kun-maa:20120915231422j:plain

 
パラノーマル・アクティビティみたいに続編が出たら、ちょっと考えちゃうけどねw
 
 

最後までお読みいただきありがとうございます。

もしこのブログを気に入っていただけたらGoogleReaderへの登録もよろしくお願いします。
f:id:kun-maa:20120324190736g:plain Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...         Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...