読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]美しい映像と詩的な独白で戦争を描いたちょと異色な作品/シン・レッド・ライン @kun_maa

映画 DVD
こんにちは!まだまだ暑い日が続きますね @kun_maa です。
 
今日は「シン・レッド・ライン」(1998年アメリカ映画)を観ました。

<あらすじ>
 アメリカ陸軍C中隊に属する二等兵ウィット(ジム・カヴィーゼル)はメラネシア系原住民に魅せられたかのように無許可離隊を繰り返していた。そんな彼を歴戦のつわものであるウェルシュ曹長(ショーン・ペン)は看護兵に配属した。
 さて、C中隊を率いるたたきあげの指揮官トール中佐(ニック・ノルティ)は、クィンタード准将(ジョン・トラヴォルタ)の見守る前で兵士を上陸させる。日本軍の守備隊がたてこもる内陸の丘の攻略にかかる中隊だが、敵の銃火の下、ケック軍曹(ウディ・ハレルソン)はじめ兵士たちは次々に命を落とす。焦るトールの強引な突撃命令を、中隊長のスターロス大尉(エリアス・コーティアス)は部下を無駄死にさせたくないと拒絶した。
 結局、丘は戦場にあっても故郷に残した美しい妻(ミランダ・オットー)の面影を胸に戦い続けるベル二等兵(ベン・チャップリン)の決死の偵察とガフ大尉(ジョン・キューザック)指揮の攻撃部隊の活躍でみごと陥落。トールはさらに奥の日本軍の本拠地も攻め落とさせた。作戦に成功した中隊だが、トールは命令に背いたスターロスを解任した。
 ひとときの休養の後、進軍を再開した中隊は今度はジャングルの中で日本軍に遭遇。看護兵から一兵卒に復帰していたウィットは自ら申し出て仲間3人で斥候に出たが、部隊をかばおうとして日本軍に包囲され命を落とした。ウェルシュは彼の墓の前にひざまづく。
 スターロスに代わり新たな中隊長のボッシュ大尉(ジョージ・クルーニー)が赴任したが、戦闘はなおも続く。ウェルシュやベルは様々な思いを胸に島を離れるのだった。
(goo映画から引用)

 
戦争映画は数多くありますが、戦争の悲惨さや狂気を描くことに重点を置きすぎたり、真摯に描いていても兵士の英雄譚になっていたり、ひどいものはマッチョなアメリカ兵が大暴れするというものがほとんど。

それはそれで楽しめるのですが、この作品は冒頭から太平洋の島の美しい風景と住民の平和な生活を映し出すというちょっと戦争映画としては異色な映画です。
最初だけ観ていると、あれ?これって戦争映画だったよね?って思います。

戦場にあっても、国に残してきた恋人との日常シーンの回想や詩的な独白の挿入。
 
また、美しい草原や丘陵、ジャングルの野鳥や動物、住民の映像が折々に触れて効果的に使われることで、戦場でありながら、戦闘一辺倒にならず、戦争における狂気に染まることなく淡々と戦争と兵士の日常を描いていくという印象です。

f:id:kun-maa:20120826111459j:plain

 
個々の兵士は、様々な問題を抱えながらも命令に従い、ある者は怯え、ある者は勇気を振り絞り、ある者は相手を殺したことに罪を覚え、そして多くの者は死んでいきます。
 
無謀な作戦に対して、異を唱えて解任される中隊長の理由は「部下を死なせたくない」という戦争の論理から外れたすごく真っ当なものです。
 
戦場でありながら、真っ当な人間の心も描こうとしているところが好感が持てます。

ドンパチ戦争映画好きには物足りないかもしれませんが、ちょっと異色な戦争映画として、こういうのもありかなとは思いました。
 
ただ、やっぱりちょっと日本兵の描き方に不満は残りますけどね。
それでも誠実に描いている方ではないかなとは思いましたけど。

 
 
 
このブログは毎日更新しています。
もし気に入っていただけたらGoogleReaderへの登録もよろしくお願いします。
f:id:kun-maa:20120324190736g:plain Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...   Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...