読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]僕が泣いた/ものすごくうるさくて、ありえないほど近い @kun_maa

こんにちは!サンドラ・ブロック大好き @kun_maa です。
 
出演はトム・ハンクスサンドラ・ブロック、主人公の少年役に新人のトーマス・ホーンを起用しています。

f:id:kun-maa:20120819135138j:plain

 
9.11を題材とした映画です。

<あらすじ>
最愛の父を失った悲しみから逃れられない少年オスカーは、父が遺した一本の鍵にメッセージが込められていると信じ、ニューヨーク中の鍵穴を探す旅に出るー

大切な人を失った悲しみー誰にでもいつか必ず訪れるそのことに、人はあまりにも無防備だ。覚悟した別れでも受け入れがたいのに、ましてそれが突然で理不尽なことだとしたらー。

オスカーと父は、親子であると同時に親友だった。父は少しばかり繊細で生きることに不器用なオスカーを、その個性を壊さずに導いてくれる頼もしい師でもあった。そんな二人を優しく見守る母。ところが、9.11が最愛の父を奪ってしまう。オスカーは父が遺した一本の鍵に、最後のメッセージが込められていると信じ、鍵穴を探す旅に出る。

鍵の入っていた封筒に書かれた文字に従い、ニューヨーク中の”ブラック氏”を訊ね歩くオスカー。やがて謎の老人が同行者となり、いつしかオスカーの辿った軌跡は、人と人をつなぐ大きく温かい輪になっていく。ついにオスカーは、鍵の真実と巡り会うのだがー。 (作品公式HPより引用

 
人が死んで悲しいのは当たり前。
人の死を取り扱った映画で、その死にばかり焦点を当ててお涙ちょうだいの作品には、正直ほとんど魅力を感じないし、涙も出ません。
 
でも、この作品は違います。
おそらくアスペルガーの障害を抱えるのであろう少年の、一本の鍵をめぐる旅をとおして、9.11で等しくトラウマを受けたニューヨーク市民たちのさまざまな表情や反応を描くことで、人の優しさ、傷ついた者同士の思いやりと再生を描こうとした作品だと感じました。

f:id:kun-maa:20120819135450j:plain

 
もちろん最愛の父を亡くした少年の悲痛な心の叫びと、最後の最後まで息子を思いやった父親、旅で出会う多くのブラックさんたちの温かさも丁寧に描かれています。
 
主人公の少年の演技にばかり目を奪われがちですが、実は母親役のサンドラ・ブロックの役回りと演技が素晴らしいです。
最初は抑え気味の演技で、あまり存在感もなく、時にはダメな母親だとさえ思わせておいて・・・

f:id:kun-maa:20120819135522j:plain

 
結末にはどんでん返しが用意されています。
そこでは鍵の秘密、父親の愛情、母親の愛情、少年の心の葛藤、それらが束になって涙を誘い、感動のラストへと向かっていきます。
いや、まいった・・ほんと泣きました。
 
決して、深さや重さだけが残るわけではなく、最後は温かい気持ちになれる上質のファンタジーとも言えます。
 
感動的なドラマで涙を流したい人にも、9.11以降のアメリカに興味がある人にもオススメのいい作品です。

 
 
 
このブログは毎日更新しています。
もし気に入っていただけたらGoogleReaderへの登録もよろしくお願いします。
f:id:kun-maa:20120324190736g:plain Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...